スーパーサイズミー2が最高に面白いって話

皆さんはスーパーサイズミーというドキュメンタリー映画を知ってますか?

今回は2のお話しますが、1についてざっくり言うと

1ヶ月間、毎日3食マックを食べ続けるという超過酷な体を張ったドキュメンタリー映画です笑

ファストフードが体にどんな影響を与えるのかを身を持って教えてくれる映画です。

喫煙歴はあるものの健康体な人が実験した結果、脂肪肝になり、心疾患のリスクが2倍に上昇し、倦怠感に襲われ、あらゆる悪影響が短期間のうちに現れました。

そんな感じでファストフードの悪影響を証明したスーパーサイズミー。

2はまさかの実験体だった人がファストフード店を開業させるお話です!笑

意外な展開ですよね。笑

できるだけ健康なファストフードを提供するために狙いを定めたのはチキン!

さらに、消費者にヘルシーだと思ってもらうために様々な工夫を考えます。

知れば知るほど消費者の知らない事実が出てくる。

圧巻だったシーンはここ

放し飼いを試みるシーンです

まず、消費者の安心を得るために使用するチキンを自分の手で養うことに決めます。

養鶏家となった彼は、パッケージに書くアピールのため放し飼いを試みます。

しかしながら鶏は外の環境に弱く、放し飼いでは困難だということを知ります。

それを知った彼は政府に放し飼いだと認定されるための基準を聞きます。

すると、放し飼いの基準は外への出入り口が開放さえしていれば放し飼いだと認定されるとのこと

そこで、出入り口のドアを開け1平方程の広さで柵を作るのです笑

案の定その狭き空間にわざわざ足を運ぶ鶏は一匹もいませんが放し飼いが成立します。笑

こんなインチキみたいな事を包み隠さず、むしろお店の売りにしつつ提供するこのお店はすごく面白いです!笑

調理方法もフライよりもグリルの方がヘルシーな事から、焼き跡を自分たちで書き、商品名はフライではなくクリスピーだと認識させ、お店の外観を緑で彩る。

実際にできるだけヘルシーである事に努力をしつつ、ヘルシーだと思わせる工夫を惜しみなく考える。

インチキをネタにしながら消費者の心理を読み取るお店はとても魅力的に見えました!

まだまだ書きたい事は山ほどありますが、文面で伝えるよりも実際に見てもらったほうが早いと思います。

Amazonプライムで見れるので、Amazonプライムに入会している方はぜひ見ていただきたいです😃

時間に余裕のある方は1から見るとより楽しめます!

では、感想お待ちしておりますー

ばいばいっ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です